騒がしい心に安息を

不足しやすいセロトニンはサプリで手早く摂取しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳科学と精神医療の関係

診察

脳科学の進歩により、心に由来する病気の多くが治療できるようになりました。セロトニンと呼ばれる神経伝達物質は感情や痛みを左右することで、うつ病を始めとするさまざまな病気の発症に関わっているのです。精神科や心療内科では薬やサプリの作用でセロトニンの働きを正常化させることにより、それらの病気を治療しています。

詳細へ

心の安定を図る

頭を抱える男性

セロトニンは心の安定を図り、心身を健康するのに欠かせない神経伝達物質になります。ライフスタイルの改善やサプリを使用することで不足を抑えることが出来ますが、病院での治療を受けることで手軽にセロトニンを補うことが可能です。

詳細へ

重要な脳内神経伝達物質

薬を飲む人

セロトニンは脳内神経伝達物質の1つであり、不足することで精神的な病にかかりやすくなるといわれている重要なものといわれています。そのセロトニンを脳内に分泌させるようにする成分がトリプトファンで、大豆やバナナなどの栄養素を含むサプリから取り入れることができます。

詳細へ

脳科学から見た心身の健康

看護師

神経伝達と自律神経調節

不足することでうつ病の原因となるセロトニンは、精神の安定に欠かせない物質です。ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ脳内3大神経伝達物質の1つに数えられ、感情や睡眠などをコントロールしているのです。セロトニンは脳内神経細胞間の情報伝達ばかりでなく、自律神経の調節にも関与しています。脳に存在するのは2%に過ぎず、90%は腸にあって蠕動運動を調節しています。腸でセロトニンが多く分泌されると蠕動運動が活発化して下痢を起こし、分泌が少ないと便秘になるのです。それらの一部は血液にも吸収され、血小板の材料として使われます。血液を固まらせて止血作用をしている他、血管の収縮にも重要な役割を果たしています。同じ脳内神経伝達物質のノルアドレナリンはストレスに反応して交感神経から分泌され、身体を活性化させる作用を持ちます。ドーパミンは快感や意欲などの感情に関わる物質です。どちらも適度にコントロールされる必要があり、セロトニンがその役目を担っています。セロトニンは睡眠誘発物質メラトニンの材料にもなっており、規則正しい眠りを実現していく上で欠かせません。脳には大脳皮質から延髄まで、セロトニンを分泌する縫線核が広く分布しています。それだけ脳の幅広い機能に深く関わっている証拠です。そのためこの分泌力が低下すると自律神経や感情のコントロールに影響が出てきます。腸には大量のセロトニンが存在しますが、血流を通じて脳に入ることはできません。脳には血液脳関門という関所のような場所があって、脳に入る物質が厳しくチェックされているのです。血液脳関門を通過できる数少ない物質の1つして知られているのは、青魚に多く含まれるDHAです。DHAは神経細胞の細胞膜を柔らかくして情報を伝わりやすくしてくれます。体内で合成できない点ではセロトニンと同じですが、サプリメントで摂取した成分が血液脳関門を通過できるため脳の健康に役立つのです。

不足を補う方法

血液脳関門を通過できないセロトニンは、脳が自力で作り出すしかありません。不足すると不眠や自律神経の乱れにつながるばかりでなく、痛みのコントロールにも影響が出てきます。内科で検査を受けても異常が見つからないような頭痛や腹痛なども、こうした脳内神経伝達環境の乱れに原因があるものなのです。神経伝達物質不足が慢性化すると、うつ病の発症リスクも高まります。不足分をDHAのようにサプリメントで補給できればいいのですが、前述の通り血液脳関門を通過できない事情があります。セロトニンの材料となるのは、体内で合成できない必須アミノ酸のトリプトファンです。このトリプトファンは血液脳関門を通過できますから、食事で必要量を摂取していれば通常は問題ありません。トリプトファンからセロトニンを合成するにはビタミンB6も不可欠です。ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促す補酵素として働き、神経伝達物質の合成にも大きな役割を果たしているのです。サプリメントで補給をするなら、トリプトファンとビタミンB6が同時配合された製品を選ぶといいでしょう。しかしながら、サプリメントは薬ではないので確実な効果が期待できるというわけではありません。うつ病などの症状を改善させるには、やはり精神科や心療内科での治療が必要です。クリニックや病院ではサプリメントよりも効果の高い薬を処方しており、脳科学的な方法でセロトニン不足を解消させています。精神科や心療内科では生活指導を通じて、セロトニンが合成されやすい生活習慣のコツも教えてくれます。太陽光を浴びる生活やジョギング・ウォーキングといった運動は特に効果的です。咀嚼を意識した食生活の改善もまた、セロトニン不足の改善には欠かせません。サプリメントの利用は、あくまでも食事で不足する栄養分を補う方法です。セロトニン不足を解消させる最も有効な方法は、精神科や心療内科を受診することにあるのです。