男性

不足しやすいセロトニンはサプリで手早く摂取しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要な脳内神経伝達物質

薬を飲む人

不足するとうつ病に

セロトニンとは脳内神経伝達物質の1つで、それが不足すると精神的に不安定となりやすく、うつ病や精神疾患を発症しやすくなるといわれています。そのセロトニンは太陽の光を浴びることで脳内に分泌していくといわれており、特に日の出の光は一番セロトニンを分泌させるのに良い時間帯となり、その時間に散歩に出かけたりすると精神バランスを整えやすくなるといわれています。しかし、朝なかなか起きることができない人や仕事や学業などで外に出る時間が少ない人もたくさん存在しています。そのような人はセロトニンが不足しやすいといわれており、特に日の出の時間が少ない冬の時期にうつ病を発症する可能性が高くなります。うつ病を発症しないようにするためにもセロトニンの分泌を強くさせていかなければなりません。うつ病を発症すれば、医師に診てもらい抗うつ薬を処方されることがあります。その抗うつ薬はセロトニンを脳内に分泌させられるようにするもので、不足してしまったセロトニンの量を補っていきます。しかしセロトニンは、自然なものから取り入れることでは摂りすぎるということはありませんが、抗うつ薬から脳内にたくさん分泌させすぎてしまうと身体に負担をかけ逆効果となることもあります。セロトニン症候群という病名があり、それは分泌のし過ぎから発症するものです。症状は足がムズムズしたり頭痛やめまいがするほか、最悪の場合は死を招くこともあります。処方された薬を取り入れ、身体に何か異常を感じた場合は医師と相談することが必要です。

トリプトファンの摂取

セロトニンが不足してうつ病や精神疾患にならないようにするためにも、予防できるよう対策をとることが重要です。セロトニンを分泌させるためには、その働きを行なわせるための成分を摂取することが必要です。その成分がトリプトファンで、主に大豆やバナナ、そのほか鳥や牛などのような肉類、魚、チーズや牛乳などのような乳製品などがあげられます。朝食に牛乳を飲んだり豆乳を飲んだり、おやつにバナナを食べたりするのも良いですが、普段から食生活を乱さないよう栄養バランスのとれた食事を続けることだけでも十分にうつ病を予防することができるといわれているため、偏った食事をしないよう努めることが大切です。人によっては食事ではなくサプリメントでトリプトファンを取り入れることがあります。もちろん、サプリメントで成分を取り入れることが可能となりますが、サプリメントの摂取量は厳守することが大切で、摂りすぎるとセロトニンが多く分泌されるようになり病院で診てもらわなければならない身体となる可能性もあります。サプリメントでの摂取法には十分気を付けなければなりません。大豆や豆乳など食材のとりすぎでトリプトファンも摂りすぎてしまうということはないといわれており、食事での摂取量は気にする必要はありません。そのほかの方法では、できるだけ外に出て太陽の光に浴びることで、脳内にセロトニンが分泌されています。太陽の光は紫外線に気を付ければ身体に良いものとなり、光を浴びる時間の多さで脳の活性力が変わってくるといい、うつ病や精神疾患を予防、病気にかかってしまっている人には改善に向けて良いものとなります。