男性

不足しやすいセロトニンはサプリで手早く摂取しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳科学と精神医療の関係

診察

神経伝達物質を高める方法

心と脳との関係が科学的に解明されるにつれて、精神疾患の原因が脳科学の観点から推測できるようになりました。心身のさまざまな不調も、実は脳に原因があることが徐々に判明してきているのです。そうした脳科学の進歩は、精神医学の分野にも波及してきています。その最も代表的な例は、長く原因不明とされていたうつ病発症メカニズムの解明です。うつ病を発症すると気分の落ち込んだ状態が長く続き、意欲や前向きな感情が低下して日常生活にも支障が出てきます。現在でもうつ病の原因は完全には解明されていませんが、脳内神経伝達物質の働きに何らかの異常が起きているのは間違いありません。神経伝達物質の中でも、セロトニンと呼ばれる物質の減少がうつ病発症の大きな原因と考えられているのです。セロトニンは体内におよそ10mg存在し、その90%が腸にあって蠕動運動を調節しています。8%は血液中の血小板に存在して、疼痛の調節や血管収縮などの働きに関わっています。セロトニンは血液脳関門を通過しないため、脳内に存在するのは脳そのものが分泌したわずか2%の量に過ぎません。このわずかな量が感情や意欲などを大きく左右するため、脳のセロトニン分泌能力が心の健康に欠かせないのです。セロトニンの減少はうつ症状ばかりでなく、身体の痛みに対する過敏性や情緒不安定などの原因にもなります。セロトニンは夜になると睡眠誘発物質のメラトニンに変わる性質を持つことから、減少すると不眠も招きます。セロトニンが減少する原因としては、日光不足や運動不足が挙げられます。セロトニンを作る材料は、必須アミノ酸の1つのトリプトファンです。通常の食事では不足することもありませんが、不規則な食事や過剰なダイエットでトリプトファンが足りなくなる場合もあります。動物性たんぱく質を十分に摂取して一定時間日光を浴び、適度な運動を心がけることで普通はセロトニン不足を解消できるものです。また、現在はセロトニンを豊富に含んだサプリなども販売されているので、サプリで手軽に補うという方法もあります。サプリであれば時間や場所を選ばず手軽に摂取できるのでおすすめです。ネットの通販サイトなどでもサプリは購入できるので、試してみてはいかがでしょうか。

幅広く使われる抗うつ薬

しかしながらうつ病を発症した人の脳では、そうした通常の手段ではセロトニン不足を解決できなくなっています。明確な理由がないのに気分の落ち込みが2週間以上続くようなら、自力での解決は困難です。精神科や心療内科ではそうした症状を好転させるのに脳科学的手法を使っており、着実な治療成果を出しています。うつ病治療には主に抗うつ薬と呼ばれる薬が使われてきました。抗うつ薬にも数多くの種類があって、最近登場した新しい薬ほど高い効果を発揮しています。中でもSSRIと略される選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、うつ病治療を大きく変えたと言われるほどの薬です。強い作用を持つSSRIの使用には注意も必要なため、精神科や心療内科では正確な診断に基いてこの薬を処方しています。SSRIとは、神経細胞でのセロトニン吸収を阻害することで脳内濃度を高める薬です。うつ病治療に用いる場合は、2週間から4週間ほどで効果が現れてきます。SSRI活躍の場はうつ病治療だけではありません。パニック障害や強迫性障害などの不安障害や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療にもSSRIが使われています。セロトニンはうつ病以外の精神疾患でも発症に関わっている例が多く、症状改善に役立っているのです。セロトニンの働きを正常にする薬はSSRI以外にも数多く存在します。精神科や心療内科では、そうした薬を患者さんの症状に合わせて適切に処方しています。もちろん精神医療は、薬を出して終わりというわけではありません。心の病気を治すためには、心理療法や生活指導を通じたサポート体制も不可欠です。薬物療法を支える心のケアがあってこそ、SSRIを初めとする薬も最大限に効果を発揮できるのです。脳科学の成果を応用した薬の登場によって、精神医療は大きく変わりつつあります。心が内科的治療の対象として扱えるようになり、心の病気が治る確率も飛躍的に高まったのです。